2020/05/14[thu] update

北海道の経営者に聞く3つの質問【株式会社カンディハウス】

北海道の経営者に3つの角度でインタビュー【株式会社カンディハウス】

我が国屈指の木製家具メーカーカンディハウス。旭川に拠点を置きながら世界市場を視野に入れた戦略を進める企業の代表、藤田哲也さんに「転機」「人」「未来」について尋ねてみました。

世界が認めるチェアが生まれる日まで、新たな挑戦が続きます。

代表取締役社長/藤田哲也さん(59歳)
北海道七飯町出身。北海道造形デザイン専門学校を卒業後、1982年に株式会社インテリアセンター(現カンディハウス)に入社。1998年グループ販売会社設立のために退社し株式会社カンディハウス横浜を設立。同社代表として辣腕を振るう。2005年からカンディハウスの営業本部長職などを兼任後、2013年同社の代表取締役社長に。現在は関連企業の非常勤取締役や旭川家具工業協同組合などの理事も務める。

ご自身の転機は?
天職とも言えるこの仕事を極めたいとの思いから独立を果たした時ですね。

1982年に新卒で札幌支店に入社。技術者兼営業として10年ほど勤務しました。その勤務ぶりが評価されたのか、当時不調だった横浜営業所の所長となり立て直しを任され、その後全支店中一人あたりの売上でトップを達成しました。そのまま本社所属でキャリアを積む道もありましたが、もともと独立志向が強かったこともあり1998年に辞表を提出。同時に『株式会社カンディハウス横浜』を設立しその代表に就任したんです。この決断の瞬間こそ、私の人生の転機の象徴でしょうね。
当時はバブル崩壊の余波が色濃く残る大不況の最中。ハイクラスな家具を扱うビジネスに勝算はあるのか、そもそもなぜこの時期なのか…。周囲からはそんな声も聞こえましたが、そんな逆境すらもエネルギーに変え文字通り命がけで働きました。それから7年後には、カンディハウス全グループ会社の中でNo.1の仕入れ実績を達成。肩の荷が下りたと同時に、あの時の決断は間違っていなかったと確信しましたね。

人材育成のキーワードは?
ビジュアルやメディアを積極的に活用し、伝わるコミュニケーションを実践しています。

ブランディング、コミュニケーション、クイックアクション。私が弊社の理念として掲げている3つのキーワードです。この中で人材育成の要となるのはコミュニケーションでしょう。私も代表に就任した直後から毎週月曜朝礼を催し、昨今の社会情勢や企業の取り組み、目指すべき方向性など、代表としての私の考えを逐次伝えるようにしています。
ここで重要になるのは『伝える努力をする』こと。口頭で「コトバ」だけを発しても耳を素通りするだけ。大画面のスクリーンを使って画像や動画を見せるなど、視覚情報も発信することで、社員の理解はグンと高まっていきます。テレビ会議の開催、社員へのiPhoneやiPadの支給、イントラネットでの社内報配信など、次々と新しいコミュニケーションスタイルを導入していったのも同様の考えからです。
こうしたわかりやすい情報発信を続けていくと今度は社員からもさまざまな声や意見、提案が発せられるようになる。社内全体にコミュニケーションの循環が生まれ、一人ひとりがさらにイキイキと考え行動するようにもなるんです。

御社の近未来ビジョンは?
弊社の技術の粋を極めたチェアが世界に認められる日まで、弊社の挑戦は続きます。

人口減や高齢化などから弊社を含めた家具業界のビジネスは日本国内での成長が限界を迎えつつあり、自ずと我々の視野は海外へと広がっています。その際に重要となるのがブランディング、つまり海外市場における弊社や弊社製品イメージの明確化です。実は海外には弊社のような木製家具の総合メーカーがほとんど存在せず、家具のジャンルごとにオーソリティー企業が技術やデザインを競い合うというのが一般的。企業の強みを前面に押し出し「テーブルなら〇〇」「ソファなら〇〇」というブランディングを確立しているのです。
弊社が世界に向け勝負をかけるのはチェア。リデザインを重ねながら半世紀もの間販売しているロングセラー製品を持つなど、チェアは我が社の多彩な技術や経験が凝縮されている最も得意な分野です。とはいっても、各国の著名メーカーがしのぎを削る業界でもあることから、弊社の製品が世界に認知されるまでまだしばらくの時間を要するでしょう。しかし自信はある。カンディハウスのチェアが世界に認められるまで、また新たな挑戦の日々が続きます。
インテリア家具・オーダー家具の製造販売のほか、住宅や商業施設、オフィスのインテリアデザインの企画・設計・施工も請け負う。
45年の歳月を経ても変わらず愛されるカンディハウスのロングセラー製品、ルントオム。次代に引き継がれる同社の代表作である。
工場にはものづくりへの挑戦で培われた手仕事とテクノロジーの融合がある。世界のデザイナーが同社を支持する理由でもある。

株式会社カンディハウス

創立1968年。北海道の美しい森を原点に、シンプルで長く愛される家具を繊細で緻密な技術とデザイン力でつくり続ける我が国屈指の木製家具メーカー。本社並びに工場を旭川市永山に置き、日本全国に営業販売拠点を展開。1984年にアメリカ、2004年にドイツに現地法人を設立し、近年はアジア各国への展開を進めるなど世界市場への挑戦を具現化している。社員276名うち製造部門スタッフが170名を数える匠の企業でもある。
北海道旭川市永山北2条6丁目
TEL.0166-47-1188
https://www.condehouse.co.jp
このページの先頭へ