2021/03/01[mon] update

私の選んだ職場【特別養護老人ホーム和幸園】

私の選んだ職場【特別養護老人ホーム和幸園】

障がい者支援施設や特別養護老人ホーム、デイサービスなどを展開する社会福祉法人北海道ハピニス。今回は特別養護老人ホーム和幸園で介護職員として働く仲村忠洋さんにお話を伺いました。

働き方、手厚い教育、仕事のやりがい、どれをとっても大満足です。

介護職員/仲村忠洋さん
岩手県出身。都会と自然がどちらも楽しめる環境、おいしい食事、そして北海道日本ハムファイターズが好きで札幌へ。

いろいろな人とかかわりたいという思い。

仲村さんのご出身は岩手県久慈市。船乗りの多い港町ということもあり、自身も船員を目指して船舶関係の専門学校に進みました。
「内航船(国内の貨物輸送だけに使用される船)の船員として就職し、8年ほど働きました。ただ、一度船に乗ると3〜4カ月は陸に戻れず、海上に拘束される生活が次第にストレスになってきたんです」
仲村さんは、船員時代に友人と札幌に旅行。都市と自然が調和した環境や大ファンの北海道日本ハムファイターズ本拠地であることに魅了され、ほどなく住まいを移しました。
「船上では同じ顔ぶれの同僚としか接することができないため、もっと多くの人とかかわりたいという気持ちもわき上がってきました。いろいろな人とコミュニケーションが取れそうな仕事として介護業界を選んだんです」
仲村さんは船員の仕事を退職後、まずは「ジョブキタ就職塾介護職員初任者研修コース」で介護職員初任者研修を修了。さらに、転職エージェント「ジョブキタ紹介」を活用し、昨年10月に社会福祉法人北海道ハピニスの特別養護老人ホーム和幸園に転職しました。
「面接官の人柄が優しく、職場の雰囲気の良さが伝わってきたので、『絶対にココで働きたい』と思いました」

先輩が付きっきりで指導する「プリセプター制度」。

仲村さんの配属先はショートステイの利用者様を介助するユニット。同法人では、教育担当の先輩が付きっきりで指導する「プリセプター制度」を取り入れているそうです。
「指導担当の先輩は、分からないことを尋ねると作業の手を止めてでも教えてくれます。仕事の中で重点的に覚えておくべきポイントも丁寧に指導してくれるので、業務の流れもつかみやすかったです」
指導担当だけでなく、周囲の上司や先輩も、新人である仲村さんに積極的に声を掛けてくれるのだとか。「思った通り働きやすく、溶け込みやすい雰囲気です。それに主任やリーダーも若い人が多いので活気にも満ちています」と仲村さんは笑顔を見せます。
「ショートステイの利用者様は初対面の方も少なくありません。普段は自宅で生活しているため、日々の暮らしを酌み取りながら支援するのは大変です。けれど、念願だったいろいろな人とかかわれますし、感謝の言葉を受けた時は本当にうれしく思います」
仲村さんにとって日を追うごとにできることが増えていくのもやりがい。現在は夜勤の業務をマスターするのに奮闘中です。

働き方や待遇面、資格取得支援にも満足。

仲村さんは転職後の働き方にも大満足。連休も含めた4週9休のシフトは、用事を足すにも体を休めるにも十分だといいます。「ファイターズの試合も観戦できるのが幸せです」とニッコリ。
「待遇面も給与に加えて各種手当が豊富です。同じユニットの先輩の中には産休・育休から復帰し、職員専用保育園にお子さんを預けて時短勤務をしている方もいます。女性にとっても働きやすいのではないでしょうか」
同法人では資格取得のための介護職員実務者研修受講を業務扱いとする他、研修費用の一部サポートや介護福祉士勉強会の通年実施など、職員がスキルアップするための支援も手厚いのが特徴。仲村さんは最後にこう締めくくりました。
「まだまだ仕事を覚えるだけで精一杯なので、早く一人前になるのが今の目標です。ゆくゆくは上位資格の取得にチャレンジし、管理職へとステップアップしていきたいと思っています」

働きやすさのポイント

着実な成長を導く「プリセプター制度」。
指導担当の先輩が新人さんをマンツーマンで教育する「プリセプター制度」によって着実な成長を導きます。
各種手当や充実した福利厚生。
住宅手当や扶養手当、寒冷地手当などの各種手当が豊富。職員専用保育園や2本立ての退職金制度など福利厚生も充実。
職員の資格取得を、積極的に支援。
研修費用のサポートや介護福祉士勉強会の実施、資格試験日の特別有給休暇など資格取得を積極的に支援。

長く働く人が多いほど介護の質も高まります。

介護の世界は働くスタッフが楽しくなければ、利用者様や入居者様に幸せを届けられないと思います。そのため、当法人では少しでも職員に還元するために、給与だけではなく各種手当を充実させていますし、2本立ての退職金制度や保育料が無料の職員専用保育園といった福利厚生も整っているのが特徴です。長く働いてくれる人が多ければ多いほど、結果として介護の質も高まります。
また、常務を筆頭に相談員や主任、リーダーといった役職者は30〜40代が多く、現場も若手が中心となって盛り上げる活気に満ちた雰囲気です。仲村さんはコミュニケーション能力も高いので、この仲の良い輪に溶け込みながらさらに活躍してほしいと考えています。
施設長/星野八重子さん

社会福祉法人 北海道ハピニス

特別養護老人ホーム和幸園と障がい者支援施設グリンハイムを中心に、在宅事業を11事業経営する法人。「慈善の精神」に基づき、一人ひとりの気持ちに誠実に向き合いながら、支援を必要とする方々に手を差し伸べることが使命。
北海道札幌市南区石山933番地3
TEL.011-591-5211
http://hapinisu.com/
このページの先頭へ