注目企業のトップに聞くin北海道 “We Are Stars.”バレーボールチームと共に、北海道を元気に。【株式会社北海道イエロースターズ】

2024年7月1日 公開

「北海道民が誇るプロバレーボールチームを」と結成され、2023年にはV2リーグ優勝を果たした北海道イエロースターズ(旧サフィルヴァ北海道)。運営会社の代表を務める平野龍一さんは、さまざまな企業での経験を生かしコンサルティング会社も運営している。高知県に生まれ東京で働いていた平野さんが北海道に定住を決めたきっかけや、バレーボールチームの代表取締役に就任した経緯、チームメンバーへの熱い思いなどを伺った。
代表取締役/平野龍一さん
高知県高知市出身。大学入学時に上京し、卒業後は公務員として勤務。その後マーケティング業界、IT業界を経て、北海道移住。2021年、40歳でコンサルティング業を担う株式会社ノーサイド・ウイングを設立。同年、株式会社北海道イエロースターズの代表取締役にも就任した。

20代から重役を歴任したどり着いた北海道で起業

平野さんのご出身は高知県高知市。東京にある大学の法学部を卒業後に公務員となるが、2年ほどで東京のマーケティング会社に転職した。
「設立から間もないベンチャー企業で、社員はたったの3人でした。でも、在籍していた7年間で業績が伸び、従業員250名を抱える企業にまで成長を遂げました。僕自身も営業リーダー、マネージャー、執行役員、取締役と、さまざまなポジションを経験させてもらったんです」

その後は介護医療系の情報サービス提供企業を経て、35歳のころ結婚を機に妻の出身地である北海道へと移住。東京に本社を置く金融系ウェブサービスの企業へと転職し、北海道支社長や執行役員等で活躍をしていた。順風満帆に昇進への歩みを進めていく平野さんだが、北海道での起業を決意する。
「北海道に移住してから子どもが生まれたんですけど、仕事にかかわる人みんながお祝いしてくれて…。東京で常に誰かと競争しながら仕事をしてきた僕にとって、人とのつながりを重視する北海道のビジネススタイルは衝撃的でしたが、同時にとても温かく魅力的だと感じたんです。縁もゆかりもない僕を公私共に受け入れてくれた人たちがいる北海道に、今後は僕が恩返しをしていきたいと思ったんです」

コンサルティング業務を通して北海道企業をサポートしたいという思いから、2021年、平野さんは40歳で株式会社ノーサイド・ウイングを設立した。

北海道を元気に、北海道から日本を元気に

平野さんの立ち上げたノーサイド・ウイングは起業してすぐ、イエロースターズの前身であるサフィルヴァ北海道とスポンサー契約を結ぶ。
「当時のサフィルヴァ北海道は法人化したばかりのクラブチームだったので、営業顧問としてもかかわっていたんです。そんな中、三木智弘代表から『共同代表になってもらえないか』と打診があって、その場で快諾しました」

振り返れば転職の度に未経験の異業種へと飛び込んできたという平野さん。「やったことがないからこそ面白いんじゃないですか」と笑うが、陰での努力は人一倍。いくつになっても分からないことは一から勉強する、その姿勢を大切にしているという。
「コンサルタントとプロスポーツチームの代表って、僕にとっては全く別の仕事ではないんですよ。特にサフィルヴァが掲げていた『北海道から日本を元気にしたい』という思いは、僕と全く同じものでした。だからこそ、打診を即答でお受けしたんです」

代表就任後、平野さんは最初にチーム名の変更を提案した。小さな子どもや年配の方々にも覚えやすく、シンプルで親しみがわくネーミングにしたいという平野さんの思いはチームに届き、サフィルヴァ北海道は現在の「北海道イエロースターズ」へと生まれ変わった。
「『イエスタ』と略して呼ばれることも多くなりましたね。知名度を上げると同時に、北海道民にとって誇りに思えるようなバレーボールチームをつくっていきたい。北海道の日常生活に溶け込んで、生活がより豊かになるような活動をしていきたいと思っています」

「人は変われる。その手を絶対に離さない」

北海道イエロースターズでは、好きな選手の練習着に自分の名前を入れられる「個人スポンサー制度」を導入している。企業や団体ではなく、個人でも参加できるというユニークな取り組みは、ファンから〝推し活〟として好評を博しているそうだ。
「選手にとっても自分自身を売り込む営業手法や、マーケティング思考を身に付ける良いきっかけになっています。僕は引退後のセカンドキャリアまで見据えて、選手の一人ひとりに、多くのスキルやキャリアアップのチャンスをつくりたいんです」

背景にあるのは、チームメンバーへの愛情そのものだ。平野さんはこう続ける。
「僕、実は中高生時代、人間関係でものすごく悩んでいたんですよ。人が怖くなって、誰ともかかわりを持てなかった。東京の大学に進学することが決まった時、心の底から『変わりたい』と思って高知を出てきたんです。すぐには変わることはできませんでしたが、方言を直してみたり、標準語に慣れるように同世代の会話をよく聞いたりしながら、少しずつ人との付き合いを増やしていって、変わることができたと実感しています。だから僕、人は変われると信じているんですよ。本人が変わろうと思えばいくらでも変われる。『変わりたい』と思って努力する人の手は絶対に離さないというのが経営者としての僕の信念です」

自らの経験やキャリアを基に、前人未踏の手法でチームを率いる。〝We Are Stars〟を合言葉に、日本の未来を照らす一等星のようなチームを目指して、平野さんの挑戦はまだまだ続いていく。

株式会社北海道イエロースターズ

札幌を本拠地とする、男子プロバレーボールチーム。前身は2016年に設立した「サフィルヴァ北海道」で、2020年V2昇格を機に法人化。2023年6月に「北海道イエロースターズ」としてチーム名・ロゴを変更。2023-24シーズンではV.LEAGUE参入5シーズン目にてV2リーグ初優勝を果たした。
北海道札幌市中央区南20条西8丁目2-22
https://hy-stars.jp/
TEL.011-522-9878
BOSS TALK
本インタビューはUHB(北海道文化放送)のトーク番組「BOSS TALK」とのコラボ企画により収録されました。
北海道を愛し、北海道の活性化を目指す“BOSS”が北海道の未来と経営について楽しく、真剣に語り合う“TALK”番組。独立するまでの道のり、経営者としての思い、転機となった出会いや目指す未来などを語ります。
UHBにて毎週火曜日深夜0時25分〜放送中!

注目企業のトップに聞くin北海道

最新記事5件

酒造りでまちづくり。「地域創生蔵」を全国へ。【上川大雪酒造株式会社】 2024年7月15日 公開

サラリーマンだった塚原さんが起業したきっかけや、酒蔵建設に至った経緯、今後の展望などを伺った。

未来を描く一本のペン。絵師が手掛けるまちづくり。【株式会社commons fun】 2024年7月8日 公開

大手建築事務所で都市開発に携わりながらも大学院に進学を決意したきっかけや、独立して会社を立ち上げた経緯、今後の展望などを伺った。

“We Are Stars.”バレーボールチームと共に、北海道を元気に。【株式会社北海道イエロースターズ】 2024年7月1日 公開

バレーボールチームの代表取締役に就任した経緯、チームメンバーへの熱い思いなどを伺った。

エンジニアの一人ひとりの幸せな人生のために余白のある働き方を。【株式会社Point】 2024年6月24日 公開

「人生ハッピーな方がいい」と話す同社代表取締役の安田崇志さんに、その詳しい理由や今後の展望を伺った。

日本と世界をつなぐ一杯を。元CAが巻き起こす日本茶ブーム。【大森園株式会社】 2024年6月24日 公開

海外航空会社のCAが家業を継ぐ決意をした経緯や、今後の目標について伺った。