注目企業のトップに聞くin北海道 誰もやっていないから自分がやる。家族で楽しめる「昼文化」をススキノに。【有限会社アートライフ】

2023年6月26日 公開

札幌のナイトシーンを牽引してきた「Riviera sapporo」「スーパースナック」など、複数のクラブや飲食店を経営する有限会社アートライフ。代表取締役の澤知至さんは、元モデル・俳優という異色の経歴の持ち主だ。輝くほどにダンディな魅力あふれる澤さんにこれまでの道のりや現在の思いを聞いた。
有限会社アートライフ代表取締役/澤 知至さん
紋別市出身。モデル・俳優を経てクラブ経営。「アートライフ」代表を務め、芸能事務所役員やフィナンシャルプランナー、バスケットボールのクラブチーム選手など、幅広く活躍している。

アスリートの道をあきらめ、飛び込んだ夜の世界。

誰もが目を奪われるような個性的な、いで立ちで登場した澤さん。20代でススキノにクラブ「フロールカフェ」をオープンしたのに始まり、現在は札幌と千歳に5店舗を展開。北海道のナイトシーンを牽引する存在だ。
出身は紋別市。公務員や教師の多い家系で、アルペンスキーの元・日本チャンピオンを父親に持つ。澤さん自身も小学生時代にはスキー、中学・高校では陸上競技で活躍し、将来は教師の道に進みつつオリンピック選手を目指していたという。
「ところが高校2年の時に背骨を骨折してしまって、東京の有名大学へのスポーツ推薦も辞退せざるを得なかったんです。幸いけがは治って札幌の大学に進学したものの目標を見失って…。『思いっきり逆の方向に行ってみよう』と始めたのが、ディスコでのアルバイトでした」
夜の世界へと飛び込んだ澤さんに更なる転機が訪れる。クールな表情でカウンターにたたずむ姿が芸能関係者の眼に留まったのだ。呼び出された会場は、芸能人の登竜門として知られる「ホリプロスカウトキャラバン」。澤さんは最終審査まで残ったことで上京し、東京のモデル事務所に所属した。
「華やかな世界。でも、思った以上に仕事のオファーが来なかったんです。だからオンリーワンを目指してひたすら体を鍛え上げました」
努力の甲斐あって海外の事務所からのオファーを受けた澤さんはイタリアへと渡り、ミラノコレクションやパリコレクションに出演した。特に人生に大きな影響を与えたと話すのがイタリアでの生活だ。
「ある友人と一緒に歩いていた時のことでした。偶然目が合った女の子の2人組を合わせた4人で出掛けたんです。訪れたお店はごく普通のカフェで、初めはお茶を手に4人で談笑していました。ところが日が沈むと共に音楽がかかり、お酒を手にみんなが踊り出したんです。今で言う『カフェバル』と呼ばれる存在を知り、同じように時間によって業態が変わる空間が日本にあっても良いのではないかと考えました」

自分の役割は「一騎当千」の人材を育てること。

帰国後の澤さんは、東京でクラブ店長を務めた後に26歳で北海道とUターンを決める。きっかけは子どもが誕生したことにより、緑のある環境で子どもを育てたかったからだという。ススキノにクラブ「フロールカフェ」をオープンし、順調な滑り出しをしているかのように思えた。しかし…
「盛り上がるのは自分が店に立っている時だけで、不在時にはガラガラだったんです。このままでは店舗数を増やしビジネスとして成長できないと気付きました。それからは自分の代わりになる『一騎当千』の人材を見つけ、育てることこそが自分の仕事だとシフトチェンジをしたんです」
それからは自らが表に出ず、裏方に徹するようになったという澤さん。人材募集には自身が出会った人を直接スカウトすることも多いという。
「業界の経験や知識は、全く必要ありませんし、短所もプラスに考えています。たとえば場の空気を壊すような人でも『目立つ』という長所があれば必ずどこかで生かせるでしょう。何かしら魅力のある面白い人なら何をやってもうまくやれる、その才能を生かしてあげるというのが僕の持論なんです」

目指すのは年齢を超え、昼も楽しめるススキノ。

スタッフを育て新店を任せることで次第に事業を拡大していった澤さんだったが、コロナ禍では大きな打撃を受けた。自らの役員報酬はゼロにした上で、150人のスタッフ一人ひとりに仕事を続けていくかを問いかけた。更に休業した他店のダンサーを受け入れたり、抱えきれなくなったスタッフを他店で雇ってもらうなど、ススキノにいる仲間同士で力を合わせて乗り切ったという。
「まさに日本中が暗いムードでした。でも店を訪れたお客様を見ると、とても明るい笑顔を放っていたんです。その時『自分たちは必要とされている。心を豊かにすることができる存在なのだ』とエンターテインメントの大切さを改めて認識しました」
澤さんにとって店の存在は「町」。ナイトカルチャーの多くは大人がメインターゲットだが、これからは子どもも大人もみんなが自由に集まり居場所を持てる、そんな存在を目指しているのだという。例えば昨年秋にオープンした「スーパースナック」では昼の時間帯に家族で楽しめるイベントにも力を入れている。今後は昼間から営業をしている店舗と力を合わせてマップを作るなど、昼のススキノを楽しむ文化を作りたいのだとか。
「周囲からは『そんなことは無理だ』とも言われましたが、誰もやっていないからこそ『だからやるんだ』と逆に燃えるんですよ。何より、挑戦していくほうが格好良いでしょ?」

有限会社アートライフ

「Riviera sapporo」「スーパースナック」「SHOW MUSEUM JOLIJO」など複数のナイトクラブや飲食店を経営。経営指導コンサルタント、イベント企画も手掛ける。
北海道札幌市中央区南6条西4丁目2-4ススキノ野口ビル地下1階
TEL.011-206-0226
本インタビューはUHB(北海道文化放送)のトーク番組「BOSS TALK」とのコラボ企画により収録されました。
BOSS TALK
北海道を愛し、北海道の活性化を目指す“BOSS”が北海道の未来と経営について楽しく、真剣に語り合う“TALK”番組。独立するまでの道のり、経営者としての思い、転機となった出会いや目指す未来などを語ります。
UHBにて毎週火曜日深夜0時25分〜放送中!
※番組は2023年9月26日で終了しています。

注目企業のトップに聞くin北海道

最新記事5件

オリジナルビールで記憶に残る〝特別なシーン〟を届けたい【パイオビア】 2024年3月18日 公開

イオビア代表の宮地さんに、ビール造りを志すまでの道のりや将来の展望について伺った。

企業の垣根を越え、かかわるすべての人を幸せに。【岩田地崎建設株式会社】 2023年10月2日 公開

副社長の岩田幸治さんに、家業を継ぐまでの苦労や今後の展望を伺った。

トヨタに学ぶ生産方式と経営実践。金属加工業でより良い未来を。【旭イノベックス株式会社】 2023年9月25日 公開

3代目社長を務める星野幹宏さんに、家業を継ぐまでの経緯や今後の展望などを伺った。

オーディオ・楽器・カメラの市場拡大を目指して、リユース事業を全国へ。【アンドトランク株式会社】 2023年9月18日 公開

アンドトランク株式会社の代表、木原将平さんに、これまでの経緯と今後の展望を伺った。

どんな人にもチャンスを与えたい。就労支援で北海道の未来を照らす。【FUTUREFLIGHT グループ】 2023年9月11日 公開

代表の釜澤さんに、会社設立に至るまでの経緯や今後の展望についてお話を伺った。