2021/02/15[mon] update

北海道ビジネスニュース【パパヒデヒコ】

小さな赤ちゃんとでも気兼ねなくくつろげる、子育て世代に優しいカフェ。

赤ちゃん連れでも周囲を気にせず、ゆったり食事が楽しめると評判のカフェ「パパヒデヒコ」。このお店を運営しているのは環境調査や空間情報サービスを得意とする「FRSコーポレーション株式会社」です。店長の髙木友香さんにオープンまでの経緯や店舗の特徴を伺いました。
座面の奥行きが約2メートルもあるビッグソファが印象的。お子さんを寝かせたり、くつろぎながら食事させたりできます。

社長の実体験から、親子で楽しめるお店を。

店長/髙木友香さん
札幌市桑園エリアの一角、周囲の住宅に溶け込むようなたたずまいの一軒家カフェ「パパヒデヒコ」。まずは、「FRSコーポレーション株式会社」が飲食店を手掛けたきっかけから尋ねました。
「当社は、動植物相(特定の地域に生息する動物や植物の種類組成)や生態・生息環境を把握するための現地調査や評価を行う環境調査を主力ビジネスとしています。ただし、経営の柱が一本だけでは心もとないため、都市や自然にかかわる空間情報サービスを二本目のメイン事業に据え、飲食業は『三本目』として始めた事業です」
同社が飲食店の構想をスタートさせたのは2017年初頭。親子をメインのターゲットに、0〜1歳の赤ちゃんも一緒に楽しめるというコンセプトを掲げました。
「当時、社長の娘さんはまだ小さく、子どもを気軽に連れて行けるお店が少ないことを実感していたそうです。もし泣いてしまうと周囲の視線も気になる…そんな経験から、子育て世代に優しい飲食店を作ろうと動き出しました」
ちなみに社長のお名前は徳島秀彦さんだとか。なるほど、このユニークな店名は、まさに「パパであるヒデヒコさん」に由来しているのですね。

子育てママの生の声も反映させた店づくり。

店舗がオープンしたのは2017年8月。それまでの店づくりでは社長のアイデアをベースに、子育てママへのアンケートも実施しました。飲食店を訪れた時に困ったことや「あったらいいのに」という点を尋ね、店舗の形に反映させていったそうです。
「例えば、ママさんの回答からトイレはお子さんと一緒に入れる広さを確保し、キッズ用の補助便座も用意しました。店舗の床はハイハイでも膝が痛くならない柔らかな無垢材を使用し、柱についても角を丸くするなど、細やかに配慮しています」
中でも多くのお客様から好評なのが、まだ一人で椅子に座れない赤ちゃんもゴロゴロできるほど奥行きのあるビッグソファ。ママやパパが子どもを抱っこしながらご飯を食べさせるのは辛いという声から、座面に寝かせたまま食事を楽しめるスタイルにしています。
「ソファには水をこぼしても染み込みにくい加工が施されています。コロナ禍で頻繁に消毒するようになった今、清掃しやすいこともメリットになりましたね」
「環境」に携わる企業が運営しているカフェらしく、店内には動植物の写真や自然のモチーフがさり気なく飾られています。テラスの奥には小さな畑があり、夏場にはトマトやイチゴをもいで採れたてを味わえることもあるそうです。

月齢別の離乳食をメニューにラインナップ。

メニューにはアレルギーに極力気を配ったキッズプレートだけでなく、5カ月、7カ月、9カ月、11カ月と旬の素材を使った月齢別の離乳食を用意しているのも好評。ご飯がすくいやすい縁付きの食器を用意するといった配慮も行き届いています。
「離乳食作りはママやパパにとって手間が掛かります。しかも、苦労して準備したにもかかわらず、残されてしまうとショックですよね…。なので、お子さんのご飯だけを食べさせに来るお客様も多くいらっしゃいますよ」
ファミリーで食事を楽しむ方はもちろん、ママ友同士の会合や子育てから一時的に解放されたい「お一人様の親御さん」など、お客様はさまざまなシチュエーションでお店を利用するといいます。「使い勝手が良いお店と思っていただければ私たちもうれしいです」と髙木さんは笑い、最後に今後の展望を話してくれました。
「お店をさらにブラッシュアップさせながら、今後は食に関連性のある別の事業も展開し、三本目の『柱』となれるような飲食部門へと成長させたいです」
1歳、2歳向けのキッズプレートはメインディッシュ、副菜、ドリンクを選んで組み合わせられるのがポイント。
1階には授乳室も完備。親子に優しいカフェという口コミが広がり、札幌市内はもちろん、小樽や旭川から来店する方も。
保存料や添加物が一切使われていない離乳食。月齢ごとに5種類の味を用意。この離乳食や便利な野菜フレークは購入も可能。
店舗2階にはルームチャージを支払うことで利用できる個室を用意。子どもが大声を出しても周りの目を気にしなくても良いと評判です。
※現在はハンモックを取り外しています。(2021年2月)

パパヒデヒコ

家族との大切な時間、友達との楽しい時間、仕事仲間との息抜きの時間に、ゆったりくつろげるカフェ。赤ちゃんを気軽に連れて行くことができることに加え、優しく食べ飽きない味付けのメニューも好評。
北海道札幌市中央区北7条西20丁目2-19
TEL.011-556-1222
https://papahidehiko.com/
このページの先頭へ