2020/06/22[mon] update

北海道ビジネスニュース【Cafe & Bar ROGA】

築110年以上の歴史ある建物を誰もが帰ってこられる「家」に!

JR札幌駅にほど近い北8条通沿い。開発が進むエリアの一角に歴史を感じさせる軟石造りの建物があります。ここでカフェを営むオーナーは、この場所で生まれ育った人物です。「この場所を大切に守り残したい。帰ってこられる家にしたい」。そんな思いがここに温かさと未来に向かう力あふれる空間を生み出しました。

夢にチャレンジできるのは、帰るべき場所があればこそ。

Cafe&Bar ROGAオーナー、東洋カメラハウス代表の太田晃資(おおた こうすけ)さん。
札幌駅北口から徒歩5分ほどの場所にある札幌軟石造りの建物に、Cafe & Bar ROGAが誕生したのは今から10年前。レンタルスペースやベーカリー、理・美容院を併設し、新たなスタートを切ったのは昨年11月のことです。
明治時代後期に造られたこの建物は、もともとROGAオーナー・太田さんの実家。住居兼店舗の母屋で「東洋カメラハウス」というカメラ店を営み、石造りの建物部分を倉庫にしていたといいます。
太田さんは老人福祉を専門に学び、介護職として青年海外協力隊で南米・パラグアイに赴任したこともある経歴の持ち主。なぜここでカフェを始めたのか、その思いをこんなふうに話してくれました。
「僕はこの石蔵の4代目。以前、協力隊という〝夢〟に挑戦できたのも、家族がいて帰れる場所があったからでした。ここで長年商売を続けてきた両親への尊敬の思い、生まれ育ったこの場所で自分も商売を続けていきたいという思い、年齢も業種も国籍も違うたくさんの仲間たちが帰ってこられる場所を作りたいという思い。そういったものが全部合わさった時に生まれたのがROGAだったんです」
ROGAはパラグアイの言葉で〝家〟を表わすそう。その言葉を文字通り形にしたかのように、ROGAの居心地のよさは天下一品。スタッフの心温まる接客や料理のおいしさと相まって、毎日のように通う常連客、時間を忘れてくつろいで過ごす人が大勢います。

思い出いっぱいの実家で〝残す〟ためのサービスを。

太田さんの願いは、家族はもちろん、友人・知人、ここで出会った人誰一人として孤独になってほしくないというもの。そんな太田さんが母屋、石蔵の空きスペースもすべて合わせ、ここに新しい空間を作ろうと思い立ったのは2016年のことでした。庭に面した1階の部屋は、いろりを囲んで家族が集った居間を再現し、パーティーや会議、イベントのほか、ギャラリーとしても使える空間に。車椅子やベビーカーでの利用にも配慮が行き届きます。2階奥の部屋には業務用の本格的厨房設備を取り付けて、レンタルのほか、独立を志すROGAスタッフには開業前のトレーニング用として。太田さんの実家で使っていた扉や床材などが所々に生かされ、温もりを醸し出します。さらにこれまでのつながりを通じて、ベーカリー、美容室、理容室もテナントに入り、建物全体が新しい命を吹き込まれた空間として、新たなスタートを切ったのです。
「両親が営んできた〝カメラ店〟という仕事は、残念ながら未来に向けて生き残っていくには難しい業種だったと思います。ですが、世の中の人が写真を撮らなくなったのかというとむしろ逆。写真を撮って記憶を残すこと自体は、以前にも増してみんなが大切にしているはずです。だから僕はここを、思い出を残しきずなを深めるための空間にしたいと思いました。〝残すサービス〟としてのレンタルスペースを始めようと考えたんです。そしてここをいつまでも守り続け、いつでもみんなが帰ってこられる〝家〟にしたいと思っています」

人も空間も可能性は無限大。かけがえのない価値に気づいて。

あの時あの場所で大切な仲間たちとみんな一緒に過ごしたこと…。そんな思い出をここで残してもらえたら最高に幸せだ、と話す太田さん。今後は太田さんの専門である介護福祉の分野での利用も計画をしているそうです。
「人も空間も、思っている以上にそれぞれかけがえのない価値があり、さまざまな可能性があるはず。はじめから諦めて、自分自身で可能性を狭めるのはもったいない。みなさんも自由なアイデアでどんどんこの場所を利用してください。一人で考えるのが難しければ一緒に考えましょう。僕は喜んで相談に乗りますよ!」
レンタルギャラリー(写真)の利用は1日7,000円〜、キッチン付きレンタルルームの利用は3時間6,000円〜。音響やプロジェクター設備もあり、ROGAからのケータリングも可能。展示会やパーティー、イベントなど、アイデア次第でさまざまな用途に利用できます。
美容室omoya店主・伴友太さん(左)は太田さんの高校時代の野球部後輩、THE BARBER I`E 店主・森川誠二さん(右)はもともとROGAの常連客。東洋カメラハウスの未来に向けてタッグ!
人気ベーカリー「しげぱん」の市内3店舗目となるあげぱん。オーナーが太田さんの知人だったことから入店を決めたそう。

Cafe & Bar ROGA

築110年以上になる古民家と札幌軟石造りの建物を改築し、2010年8月にオープン。カレーやパスタ、パフェ、ビール、希少な南米のお酒などが楽しめる。ROGAのほか、あげぱん、美容室omoya、THE BARBER I`E、ギャラリー、キッチン付きレンタルスペースを含む新生「東洋カメラハウス」の誕生は2019年。
札幌市北区北7条西5丁目5
TEL.011-299-7559
https://www.instagram.com/cafe_bar_roga
※レンタルスペース利用の問い合わせはメールをご利用ください。
info@toyocamerahouse.com
このページの先頭へ