注目企業のトップに聞くin北海道 ディスカッションできる職場と地元と交流していく施設を職員と一緒につくっていきたい。【新川エバーライフ】

2023年3月6日 公開

医療と福祉の調和と充実をテーマに、温かく誠実な介護に取り組んでいる介護老人福祉施設、新川エバーライフ。同施設のトップとして多彩な職務に当たる市江麻子さんに、ご自身の仕事の変遷や施設の特徴、働きやすい環境づくりなどについて伺いました。
社会福祉法人札幌恵友会
介護老人福祉施設 新川エバーライフ
施設長/市江麻子さん
管理栄養士から介護施設のリーダーになったというユニークな経歴の持ち主。2021年に新川エバーライフ施設長に就任。明るくオープンな性格を生かした「風通しのいい職場づくり」に努めている。

現場感覚を忘れないリーダーになってほしい。

もともとは管理栄養士だったとか。

はい。札幌恵友会へは、管理栄養士として入職しました。当初は「介護食」という分野で自身の専門性を発揮していましたが、より広い視点で業務に当たってほしいという経営陣の意図を受け、2013年に支援課課長に昇格し、2017年にエバーライフの副施設長、翌年に福寿園の施設長を経て、現在の新川エバーライフ施設長という役職に就いています。

現場感覚があるからでしょうか、とても親しみやすい印象です。

ありがとうございます。たくさんのスタッフと働いていますが、部下というより仲間的な意識が強いです。世間話やグチなんかも話しますので、職員も上司と話してる的な気持ちを、あまり抱いていないような気がしています(笑)

交流と生きがいを生む、地域に開かれた施設。

運営という観点からの新川エバーライフの特徴は?

地域に根付いた介護施設を目指していることでしょう。お年寄りだけでなく、子どもたちや学生など地域住民のみなさまとの触れ合いや交流を大切にしています。

具体的には?

施設に札幌国際情報高校(新川)の吹奏楽部を招いて演奏会を開催していただいたり、地元の中学校に当法人のスタッフを講師として派遣し「介護の仕事の出張講座」に取り組んだり。コロナ禍でここ数年中止になっていますが、地域の方にボランティアとして来ていただき、入居者様とのお話しや、お茶の提供、花壇づくりにも取り組んでもらいました。情報高校の吹奏楽部は演奏とダンスを交えた「ダンプレ」というパフォーマンスを披露してくれます。とても盛り上がるんですよ(笑)

施設を閉ざされた空間にしたくないという願いを感じます。

地元の子どもやファミリーが気軽に来訪できるようになれば、利用者様も生きがいを感じるでしょう。職員たちと接する機会が増えれば、介護という仕事に対する理解も深まりますし、学生の皆さんの職域の広がりも期待できます。地元との交流は、これからの介護施設には必須の取り組みになると感じています。

働きやすさをリアルに感じる工夫を。

働きやすい環境づくりにも前向きだとか。

最も大きな特徴は、労働時間の短縮化でしょう。業界的には8時間勤務が定着していますが、ここは7時間勤務が基本です。日勤の場合は9時出勤、17時退勤となっているため、ご自宅で介護をされている方や子育て中の主婦には特に好評です。特養なので夜勤はありますが、明けの日と翌日は必ず休みにしていますし、新人は慣れるまで夜勤をさせないという配慮もしています。また介護職のサポートに徹するスタッフを配置しているのも特徴の一つです。現場からは、雑務に時間を取られることがなくなり、本来の自分の仕事にかかれるようになったという声が届いています。

ロボットなども導入しているようですね。

スタッフの腰痛予防に効果を発揮する介護用ロボットをフロアに一台ずつ設置しています。また利用者様の日々の様子などをデータ化している専用タブレットも導入しており、スタッフ間の情報共有、トラブルの防止、業務の効率化やスピードアップに効果を発揮しています。

ご自身が心掛けていることは?

会議をディスカッションの場にすることです。会議が形骸化していくと、上司や担当者からの指示や報告など、一方向の話で終了してしまいがちです。これではやらされている感が溜まりますし、職場も活性化しません。私が率先して何でも言える雰囲気、自由に話せるムードをつくり、現場ならではの意見、ユニークなアイデアなどを積極的に吸い上げるよう努めています。

働きやすさを進化させていくということですね。

はい。それぞれの意見や思いをしっかり伝え合えば、介護の現場はもっと働きやすく、楽しくなると信じています。

社会福祉法人 札幌恵友会
介護老人福祉施設新川エバーライフ

現在介護職(29名)看護職(5名)生活相談員(2名)の他、介護支援専門職員や管理栄養士などが勤務し、心のこもった手厚い介護に取り組んでいる。一日7時間勤務、サポート専門スタッフの導入など、職場環境の改善に積極的なことでも知られる。
北海道札幌市北区新川715番地2
TEL.011-764-3663
http://www.keiyu-kai.org

注目企業のトップに聞くin北海道

最新記事5件

オリジナルビールで記憶に残る〝特別なシーン〟を届けたい【パイオビア】 2024年3月18日 公開

イオビア代表の宮地さんに、ビール造りを志すまでの道のりや将来の展望について伺った。

企業の垣根を越え、かかわるすべての人を幸せに。【岩田地崎建設株式会社】 2023年10月2日 公開

副社長の岩田幸治さんに、家業を継ぐまでの苦労や今後の展望を伺った。

トヨタに学ぶ生産方式と経営実践。金属加工業でより良い未来を。【旭イノベックス株式会社】 2023年9月25日 公開

3代目社長を務める星野幹宏さんに、家業を継ぐまでの経緯や今後の展望などを伺った。

オーディオ・楽器・カメラの市場拡大を目指して、リユース事業を全国へ。【アンドトランク株式会社】 2023年9月18日 公開

アンドトランク株式会社の代表、木原将平さんに、これまでの経緯と今後の展望を伺った。

どんな人にもチャンスを与えたい。就労支援で北海道の未来を照らす。【FUTUREFLIGHT グループ】 2023年9月11日 公開

代表の釜澤さんに、会社設立に至るまでの経緯や今後の展望についてお話を伺った。