2020/02/03[mon] update

北海道発!商品誕生エピソード【株式会社きのとや|ラララ・クッキー】

北海道みやげの新しい形「La La La COOKIE」
株式会社きのとや[札幌市]

「北海道ミルククッキー 札幌農学校」や「焼きたてチーズタルト」などのヒット商品で知られる、札幌の洋菓子店・きのとや。新千歳空港とオンラインショップ限定で発売され、口コミで話題になっているのが「ラララ・クッキー」です。その誕生エピソードを伺うべく、本社工場内にある研究開発本部を訪ねました。

これまでにはないプレミアムなお土産を!

株式会社きのとや
常務取締役兼研究開発本部本部長/熊木真さん(右)
同本部/天野留衣さん(左)
お話を聞かせてくれたのは、パティシエ出身で常務取締役・研究開発本部本部長を務める熊木真さんと、同本部スタッフで入社3年目となる天野留衣さん。
「これまでにない、プレミアムなお土産を開発しようというプロジェクトが発足したのは発売の1年前です。味、デザイン、セールスなど、分野も年代も幅広い専門家が集まり考察と議論を重ねました。せんべいや最中などいろいろな案が出るなか、常温で持ち歩きができ当社にとっての強みでもあるクッキーに決定しました。とは言え普通のクッキーでは面白みに欠けると考え、そこから試行錯誤が始まったのです」と熊木さんは話します。

デザイナーや製造担当、多分野の声を持ち寄って。

商品開発にあたり、まず〝おいしい〟ことはマストの条件。さまざまな厚さで試作を重ね、最終的には薄焼き3枚重ねで軽い食感と食べ応えある満足感を両立させたほか、デザイナーの意見を取り入れて丸でも四角でもない独特の形にすることに。
「2つの三角形を組み合わせたリボンのような形、とでもいうのでしょうか。そもそもこんな形に焼くことが難しい上、3枚の形がピタリと一致しないと重ねられません。難しいなあと思いましたよ。デザイナーと言い合いになったこともあったんです。それでも、誰かに差し上げる土産物であるということを考えた時、選んだ人のセンスを褒められるような、そんなお菓子を作りたいという思いが勝りました。大量生産はできなくても、手間を惜しまず丁寧に型を抜き、この形に焼き上げて、チョコレートと合わせています」
パッケージのデザインも「北海道土産」と大書きするようなデザインはあえて避け、会社員の男性にも購入しやすいスタイリッシュなデザインであることを大切にし、お土産というよりは〝ギフト〟であることを意識しながら製作を進めたそうです。

販促への工夫も実り、一日200個が連日完売。

「市販されているさまざまなお土産の売れ筋や価格帯を調査しながら、ほかの商品との差別化を図ってきました。社内で新商品を開発する場合、まず味を決めてから、その商品らしさを伝えるパッケージを考えていくというのが一般的なやり方。今回はプレミアム、ギフトといったイメージが先にあったので、それを具現化していく大変さと面白さがあったと感じています」と天野さん。こうして発売にこぎつけたのは、プロジェクト発足から約1年後の2018年6月のことでした。ネットを中心においしさ、形のユニークさが次第に評判となり、数カ月もたたないうちに連日完売となる人気ぶりとなったのだとか。「当社のこれまでのノウハウやルートを生かし、選び抜いた北海道産素材を生かしたおいしさもおかげ様で評判です。ですが今の時代、おいしいだけでは物は売れず、伝える工夫もとても大切になってきます。陳列を工夫してくれた店舗スタッフ、販売促進担当部署の奮闘にも感謝しています。同時に商品開発にあたっては、長年勤務するベテランだけではダメ。天野をはじめとする若いスタッフの存在が重要になってきます」と熊木さんは話します。
幅広い分野、年代のスタッフが知恵を持ち寄り、力を合わせて誕生した「ラララ・クッキー」。贈った人と受け取った人、どちらの心も楽しく弾んでしまいそうですね。

ここがこだわり!開発のポイント

主な原材料はすべて厳選された北海道産!
小麦粉やてんさい糖、バターなど、主な原材料は北海道産。チョコレートにも道産生クリームを練りこんでいます。
薄く伸ばした生地を3枚重ねた独特の食感
薄焼きクッキーを3枚重ねにし、チョコレートで半分コーティング。サックリと軽いのに、食べ応えのある食感です。
スタイリッシュでモダンなパッケージ
ブルーとシルバーを基調にニセコアンヌプリを描いたパッケージ。持ち運びの便利さも追求したスリムなサイズです。
きのとや新千歳空港店およびオンラインショップ限定発売のラララ・クッキー。5個入り1026円(バター3個・カカオ2個。税込)
「大切なのはユニークでありながら誰からも愛されること。何よりも難しいのが『バランス』なんです」
良質の道産素材を使い、ユニークな形に型を抜いて焼き上げるラララ・クッキー。
北海道発の新しいお土産のあり方を提案する商品となっています。
年間約300もの新商品を開発するきのとや。まさに会社の心臓とも言えるほど、研究開発本部の果たす役割は重要です。

株式会社きのとや

洋菓子の製造・販売を行い、特にデコレーションケーキは年間約17万個を販売。札幌市内および新千歳空港に11店舗を展開し、宅配・通信販売も行う。
札幌市東区東苗穂5条3丁目7-36
TEL.011-786-6161
https://www.kinotoya.com
このページの先頭へ