グローバルビジネスに挑戦するJ-Startup HOKKAIDO企業 AIの「鮮度」を常に保つプロセスを世界中に。【AWL(アウル)株式会社】

2022年8月4日 公開

小売店に設置されている防犯カメラを「AI化」し、顧客の分析や動線の可視化、接客が必要な人の通知など、ニーズに合わせた機能を追加できる「AWLBOX(アウルボックス)」。このサービスを開発しただけでも驚かされるが、AWL株式会社の取締役CTO・土田安紘さんの目は、すでに一歩も二歩も先の未来を見つめていた。
取締役CTO/土田安紘さん

既設の防犯カメラを活用するというひらめき。

AWL株式会社は2016年、東京都中央区にて、エーアイ・トウキョウ・ラボ株式会社として創業。代表の北出宗治さんが、北海道大学でAIを研究する川村秀憲教授と出会い、「AIを社会実装する」を合言葉にタッグを組んだのがスタート地点だ。
「創業当時は、ディープラーニング(機械学習の手法)の期待値が高く、AIが確実にメインストリームになる未来が見えていました。僕はもともと大手企業の社員として、IT先進地の米国カリフォルニア、シリコンバレーで新規事業の創出に携わっており、現地でもスタートアップや世界をリードするサービスが次々と誕生するのを目の当たりにしています。その熱気を自らも作り出したいと、2017年からAWLに参画したんです」
同社のサービスを代表するのが既設のセキュリティーカメラをAI化する「AWLBOX(アウルボックス)」。大手ドラッグストアチェーンの母体・サツドラホールディングスと業務提携し、研究開発や商品企画、実証実験を重ねる過程の「ひらめき」から生まれたという。
「当社の専門分野は『エッジAI』と呼ばれる端末自体にAIを搭載する技術です。主要顧客である小売店の課題解決に、AIを組み込んだカメラを新設する手法を考えていましたが、部材を揃えるだけでも莫大なコストがかかります。頭を悩ませていた時、多くの店舗にはすでに防犯カメラが設置されていたことに気づき、その映像を集めて効率的にAI処理するとコストが抑えられるのではないかとひらめいたんです」

お客様に合った広告を表示し、店舗をメディア化。

同社のオフィスは実に国際色豊か。インドや中国、インドネシアやメキシコなどのエンジニアが在籍する他、ベトナムやインドにも開発拠点を持っている。
「国内にはAIをテーマにした大学研究室はまだまだ少なく、そもそも人材の需要に対して供給が間に合っていない状況です。しかも、当社は資金も知名度もまだまだですから、目を向けてもらえる機会は多くありません。そのため、海外の工科大学卒業生や文部科学省(MEXT)、JICA(国際協力機構)の留学生・インターン生といった人材に着目しました。外国人は英語で書かれた最新のAIの論文を正確に読み解けるなど、結果としてレベルの高い人的なリソースをそろえることができたと思います」
最近は、こうしたグローバルなメンバーとともに「店舗のメディア化」にも力を入れている。主要顧客の小売業界では、お客様にどう商品までたどり着き、それを使い続けてもらうかがニーズの高い課題なのだそう。
「その解決策として店内のデジタルサイネージにエッジAIを搭載し、お客様に合わせた広告を表示するテクノロジーを提供しています。通過数や商品を見ている時間、視聴数の計測、性別・年齢の属性などの分析をもとに、販売促進を支援するのが目的です。ただし、特定の人物を識別させず、個人情報を絶対に侵さないようにコントロールすることが難しさであり、当社の社是でもあります」

AIを「腐らせない」ための学習プロセスが大切。

映画やドラマで描かれるAIは、自ら次々と機械学習を行い、日に日に「賢くなっていく」イメージ。ところが、こと店舗に限っていえば「AIが腐っていく」と例える。
「AIを社会実装する際、工場でネジの不良品を見つけるといった環境の変化が少ないケースであれば、何もせずとも上手く活用できるでしょう。一方、リアルな社会は常に状況が変わるものです。例えば、コロナ禍以前はマスクといえば白でしたが、現在は黒をはじめカラフルな商品も数多くあります。この場合、AIをアップデートさせなければ、マスクを認識できなくなるんです」
同社でも「AWLBOX」の開発中に、ラボでは認識精度が高かったものの、実店舗で検証した途端に機能しなくなった経験が何度もあった。つまり、刻々と変化する環境下ではAIの鮮度を常にキープさせるための「学習プロセス」を用意することが大切なのだという。
「当社はエッジAIを実店舗にフィットさせるために、独自のノウハウを積み上げてきたことで、『腐らない学習プロセス』を確立させつつあります。その応用範囲を広げ、いずれは世界中のAIアプリに、このプロセスを導入するのが最終目標です。僕らがトップランナーになれるチャンスも、ポテンシャルも大きいと考えています」

AWL株式会社

リテール店舗の課題解決や価値向上を実現するためのAIカメラソリューションを開発・提供。北海道のドラッグストアチェーンである「サツドラ」との提携により、店舗での実証実験を繰り返し、実際の業務で使える水準のAI機能を低いコストで手がけられるのが強み。
札幌本社
北海道札幌市東区北8条東4丁目1番20号
TEL.011-214-0252
https://awl.co.jp/

グローバルビジネスに挑戦するJ-Startup HOKKAIDO企業

最新記事

AIの「鮮度」を常に保つプロセスを世界中に。【AWL(アウル)株式会社】 2022年8月4日 公開

小売店に設置されている防犯カメラを「AI化」し、ニーズに合わせた機能を追加できる「AWL BOX」の開発について聞きました。

イノベーションに必要なのは、向こう見ずな若者のパワー。【株式会社岩谷技研】 2022年6月20日 公開

気球による成層圏までの有人飛行を目指している株式会社岩谷技研の代表にお話を伺いました。