北海道で就職しよう!

2025年卒業予定の方は「ジョブキタ就活2025」へ

(株)インフィニットループ

ソフトウェア業

  • ピンポイントレポ
  • オンライン面接可

うまい棒食べ放題にフリードリンクに部活動。 エンジニアファーストを福利厚生でも実現するユニーク企業!

株式会社インフィニットループは、メタバースプラットフォーム「バーチャルキャスト」のプロダクトや「雪ミク」とのバーチャル撮影サービスなどでも知られる企業。ゲームのユーザーから見える部分の「クライアントサイド」も手がけていますが、実は多くの人がアクセスしても安定的に動作したり、プログラムが動く環境づくりをしたりする「サーバーサイド」の技術力が札幌トップクラスです。

同社の技術は顧客からも高く信頼され、東京水準に近い受託金額で仕事を請け負っています。こうした利益はエンジニアに還元するのが代表の願いでもあるとか。事実、給与は首都圏とほぼ肩を並べ、頑張った社員にはボーナスにインセンティブを上乗せするなど、待遇面も充実しています。

何より、「うまい棒食べ放題」「フリードリンク」「会社公認の部活には部費を支給」といったユニークな福利厚生がそろっているところも特徴。エンジニアファーストで楽しく働ける仕組みや環境が満載の同社で、3名の社員にインタビューしました。


◎うまい棒の消費量は日本随一!?

採用担当の小野田一成さんは、近年力を入れているのが教育だと切り出します。
「まず2カ月ほどは座学7割、作業3割程度の研修を受けてもらいます。とりわけサーバーサイドは4〜5種の言語を扱い、幅広い知識を要するため、基礎力を養わなければなりません。加えて、名刺の渡し方やチームで働くことへの考え方といった社会人スキルも磨いてもらいます。当社のエンジニアはコードが書ければ良いというワケではなく、頼り頼られるチームワークが大切だからです」
研修中のグループワークではチームで一つのゲームを制作。プロジェクトの発足から開発環境の構築、リリースまでの流れをつかめるように工夫しています。
「新卒に期待するのはポテンシャル。もちろん当社でも勉強の仕方を教えますが、与えられた仕事を淡々とこなすのではなく、新しい技術の勉強会を開くような積極性が大切ですし、こうした姿勢は当然評価の対象です」
ところで、ユニークな福利厚生を設けているのはなぜ?
「エンジニアがハッピーに働けるのが一番だからです。余談ですが、うまい棒が値上げした際、真っ先に弊社が取材されたくらい消費量が高いんですよ(笑)」

◎就業後に先輩や同僚と格ゲー!

続いて新卒入社から3年目の福家祐紀さん。小樽商科大学在学中、同社のインターンに参加しました。
「趣味程度にゲームづくりを経験したことがあり、インターンでガチャの制作を体験させてもらったところ、やっぱり面白いと感じました。複数人で開発を進めるチーム体制も自分に合っていて、インターン後にバイトをさせてもらったんです」
バイト時代も先輩はコードをやさしく教えてくれ、安心して働けると感じたのだとか。サーバーサイドの開発は「コレがなければゲームが成り立たない」といえるほど重要だからこそ、製品に組み込まれ、ユーザーの感想を目にした時の手応えが大きいといいます。
「就職後は研修やOJTを経てサーバーサイド開発のプロジェクトに携わりました。納期の直前は大変なこともありますが、チームで課題を解決する一体感が『ゲーム感覚』でもあります(笑)」
福家さんはボードゲーム部に所属する他、先輩や同僚と就業後に格闘ゲームを楽しむことも多いとか。
「自分が『このゲームをやろう』と発信すると、すぐに仲間が集まるフットワークの軽さも醍醐味。あと…うまい棒は一日に10本は食べていますね(笑)」

◎業務外での関わりが問題解決の結束力に。

宮城県のゲーム系専門学校を卒業し、昨年4月に入社した佐々木瞭さん。
「専門学校卒業後、ゲームデバッグのバイトをしていましたが、堅い雰囲気が性に合わず…楽しそうな会社を探していたところ、インフィニットループと出会いました」
まずはインターンに参加したところ、「濃いキャラクター」が勢ぞろいし、自由度の高い社風に心惹かれたのだとか。
「入社後はサーバーサイドに特化した研修を受け、これまで学んできた言語との違いに戸惑いましたが、先輩が隣でガッチリとサポートしてくれたので安心できました。OJTも含教育に力を入れているのがうなずける環境です」
チームによって異なりますが、佐々木さんは現在リアルとリモートを組み合わせた勤務スタイルにて開発に携わっています。
「業務中は集中し、やることをやった就業後にボードゲームやマージャン等、仲の良い人と遊べる環境も楽しいですね。リフレッシュルームでコーヒー部がハンドドリップを振る舞ってくれたり(笑)。
僕はせっかく組織に属するならBBQやボルダリングで仲を深める事で、問題解決の為に結束する力が高まると思います」