北海道で就職しよう!

2024年卒業予定の方は「ジョブキタ就活2024」へ

株式会社 アクト

一級建築士事務所・建設業

  • エントリー
  • ピンポイントレポ
  • 既卒者OK
  • オンライン対応OK

農業施設の専門メーカー…ですが、「あったらいいな」に応えるうちに「消毒水」まで開発しちゃいました。

株式会社アクトは、平成7年に農業施設の専門メーカーとして生まれました。同社の仕事はお客様の「こういうのがあったらいいな」に応え、昨日まで世界になかったものを形にすること。例えば、牛にストレスを与えない牛舎や生乳が混ざった水を低コストで処理できる施設。こうした農業施設は「困っていること」のニーズをつかみ、解決するために生み出してきたオーダーメイド品です。
世界中で新型コロナウイルスが猛威をふるい始めたころ、多くの人々が困っているからこそ、産業総合研究所や帯広畜産大学との共同研究を重ねて次亜塩素酸水「クリーン・リフレ」を開発。「健康にやさしい」と「除菌効果」を共存させるのは業界では非常識とさえいわれる中、この二つを両立させ、新型コロナウイルスを短時間で不活化させる効果を確認しました。
こういうと理系に向いていると思われがちですが、学部や専攻は問わないとか。代表取締役の内海洋さんは、「文献もなく、世の中に前例もないものを作っているので、入社後はイチから勉強のし直し。最初のうちは与えられた課題に素直に取り組み、指導をスポンジのように吸収することが何より大切です」と語ります。

◎社員は家族のように守らなければならない存在。
まずは、株式会社アクトの特徴について内海さんに伺いました。
「当社では顧客ニーズをつかんで製品開発に着手するにも、文献やインターネットに情報が掲載されていないケースが大半。本当の意味でゼロから『研究開発』ができる数少ない企業だと自負しています」
なるほど。顧客が本当に困っていることを解決できる商品を手がけられるのが最大の喜びなんでしょうか。
「その通りです。ただ、当社の部門は研究開発だけではありません。実際に農業施設を作る現場作業員にしても、その施工を管理するスタッフにしても、お客様の『あったらいいな』を生み出すことで、世の中に貢献している手応えが大きく感じられるはずです」
内海さんにとって社員は息子や娘のように守らなければならない存在。家族主義として温かな愛情を注ぐ反面、「道徳や人として正しいことを厳しく教えます」と笑います。
「仕事や働き方のことでも、プライベートのことでも、悩みを何でも打ち明けられる個人面談を2カ月に1回行っています。ただ、私と話すのは緊張するかもしれないので、担当するのは直属の上司がメインです(笑)」

<入社3年目のスタッフさんにインタビューしてみました>
帯広の高校に通っていて、事務系の職種に絞り込んで企業に応募していました。
事務の中でもCADを扱う仕事に興味を持ち、学校の求人票でたまたまアクトの募集を見つけて最初は興味本位で面接を受けてみました。
会社の事ややってみたかったCADの事も正直、知識も経験も実は一切ありませんでした、、、。
ただ、選考を受けている最中に「確かな技術力」や「多くの人の生活に関われる」という会社の魅力が見えてきて、ご縁があり入社する事になりました。
入社してからは右も左もわからない状態でさらに、コロナウイルスの影響でクリーンリフレの出荷作業で大忙しでした。笑
それでも、10人という少人数なので風通しも良く、困った事があってもすぐに助けてくれるので助かっています!飲み会のもみんなでよく行っています!(もちろん強制ではありません。笑)
講習会に参加をしてCADの勉強もしています。今では、3DCADで、実際の機械の部品の造形も出来るようになりました。
来年の春に一緒に働いてくれる方には、わかる事は教えて、わからない事は一緒になって学んでいきたいと思っています!

◎十勝の畜産・酪農家のために。
引き続き、内海さんに同社の開発の歴史についてお聞きしました。
「例えば、17年ほど前、口蹄疫という動物の伝染病に困っている農家さんから『このままでは十勝の畜産・酪農が立ち行かなくなる』と聞き、消毒装置を開発しました」
ところが、北海道の冬は寒いため、一般的な消毒液では凍結するリスクもあるとか。そこで、マイナス30℃でも凍らない洗浄機能付きの消毒装置を開発。しかも、同社の特許技術がいくつも使われているというから驚きです。
「ただ、車両を消毒する際にドライバーに喉の痛みが出る心配や大気汚染の恐れもあったため、今度は人にも環境にもやさしい消毒液を開発したんです。こうした技術を蓄積し、海外の学術誌にも掲載された口蹄疫の消毒効果のエビデンスもあることから、『クリーン・リフレ』のリリースにつながりました」
同社は現在も帯広畜産大学や北見工業大学、北海道大学、岩手大学に加え、日本最大規模の研究機関・産業総合研究所とも共同研究中。今後は農業施設のメーカーを基軸に置きながらも、その利益を新型コロナウイルスに効果を発揮する装置・機械の開発に活用する予定。実に期待が高まります!

  • エントリー
  • ピンポイントレポ
  • 既卒者OK
  • オンライン対応OK