北海道で就職しよう!

2023年卒業予定の方は「ジョブキタ就活2023」へ

株式会社平田建設

土木工事、建築工事、土質試験調査など

  • エントリー
  • ピンポイントレポ
  • 会社見学
  • 既卒者OK

会社史上最大プロジェクト

地方の小さな会社だけど...都会の大きな会社に負けない、待遇や制度や環境をたっぷり用意してみました。

帯広市からクルマで30分。士幌の中心部に社屋を持つ土木建築の会社です。高速道路や橋を造ったり、農地を広げたり、公共施設を建てたり。国や自治体などから仕事を受注し、地図や記憶に残るような工事に取り組んできました。社員30名ほどですが、年商は29億円。北海道トップクラスの建設企業、宮坂建設工業のグループ企業でもあり、安定性もさることながら十勝の業界ではかなりの知名度を持ちます。
そんな私たちが現在全力を注ごうとしているのが、弊社史上初の就活生の採用。地方の小さな会社ですが、社員みんなで知恵やアイデアを出し合いながら、 都会の大きな会社に負けない環境や制度を用意してみました。
十勝にUターンしたい方、自然のほとりで働きたい人、コロナや不景気に負けない会社を希望する就活生... そんなみなさんの心に我々のメッセージが届くはず。まずは社長のお話からどうぞ(笑)

就活生に、親御さんに伝えたい。新人を大切に育て、経営を託していく会社です。
代表取締役/長谷川 雅毅

地方の企業、とりわけ土木建設業界の人材不足は今や社会問題。しかし、古い体質をバッサリと捨て、待遇や制度を大幅に見直し、働いてみたい環境を作り出せば人材は必ず動いてくれると確信しています。
〜弊社の新卒向け支援制度を紹介〜
◎宮坂建設工業株式会社と「働く環境」を連携
初任給から退職金・各種手当などの待遇から福利厚生を宮坂建設工業株式会社とほぼ同一としました。業界最大手企業と同様の労働条件です。
◎奨学金の返還応援制度
面談で詳細を決定した後、奨学金返還の応援金をお渡しします。
◎首都圏での最先端の研修
三越伊勢丹グループの最先端の新人マナー研修を導入しています。
◎上層部への本気のステップアップ
私自身も施工管理からの”叩き上げ”です。十数年後に弊社の上層を担うのは間違いなく今の若い世代。新人を中軸から経営陣へと育てていきます。

変わること、挑戦することに、こんなに前向きな会社は少ないと思います。
業務部/荻野 喜貴

前職は全国規模の損保会社の営業。転勤で着任したのが十勝の帯広でした。
結婚し子どもを授かったこともありましたが、自然の豊かさ、人の温かさ、食べ物の美味しさ...さらに草野球人口が多いことに”ハートを撃ち抜かれ”この地で働くことを決心。大手企業傘下の安定性や待遇の良さに加え、若い人材を招き会社をどんどん変えていこうという自由度と透明性の高さに惹かれ、5年ほど前に入社しました。
〜この会社のユニークさをご紹介します〜
◎パリコレデザイナーが制服をデザイン
弊社を含むグループ会社の制服デザインを世界的デザイナー/ケイタマルヤマ氏に依頼。メチャクチャかっこいいです!
◎最先端技術、ICTを導入
PCと連動した自動運転やタッチパネル操作など重機のイメージを覆す最新設備を導入しています。
◎ 社会貢献や地域貢献も本気
地元の農業水路の清掃作業のサポート・道路補修工事ボランティア・中高生の体験会やインターンシップ受け入れなど地域の活動にも本気です。
◎社用車通勤も常識
一人一台の社用車を用意。現場・打合せ場所・自宅へと利用できます。

自分たち若い世代が会社を担っていく、という風潮をリアルに感じます。
土木部/八代 道隆

帯広の農業高校出身。地元就職を希望する中、先生から「不景気に動じない」と勧められたのがこの会社です。今回のコロナ騒動でそれを痛感しました。
現在はアシスタントとして道路や農地整備の現場に出向き、測量や写真撮影、安全指導、書類作成などに取り組んでいます。
作業は作業員の方々が担当するので重労働はほとんどありません。未経験で入った世界ですが、道路が完成したり、農地がきれいな区画に生まれ変わるのも見るのは気分がいいもの。新卒さんの指導は私が担当するので、仲良く楽しみながら仕事を覚えてほしいと思います。
〜私はこの会社の好きなところをご紹介します〜
◎全然怖くなかった・・・(笑)
職人の世界という印象のまま入社しましたが、先輩も社長も気さくな人ばかり。本当に家族的な雰囲気です。
◎資格取得を応援!
入社すぐに土木施工の資格を取得しました。免許や資格取得への応援は万全です。
◎十勝大好き集団です。
十勝出身者のほか十勝が好きで転職した人も。仕事はもちろん生活も大切という人に最適です。

  • エントリー
  • ピンポイントレポ
  • 会社見学
  • 既卒者OK