北海道で就職しよう!

2022年卒業予定の方は「ジョブキタ就活2022」へ

ロジスネクスト北海道(株)

フォークリフトや物流機器全般の販売・整備

  • ピンポイントレポ
  • 会社見学OK
  • 既卒者OK

物流の現場では必要不可欠

時代が変化しても、物を運ぶニーズは変わりません

店舗での販売からECサイトへと消費者の購入手段は徐々に変化していますが、メーカーから消費者へ商品を届ける物流のニーズはなくなりません。
当社では物流の現場では不可欠なフォークリフトの販売・修理を手がけています。
昨今の労働人口の減少を背景に、人が行う仕事をできるだけ減らす「省人省力化」の動きがが物流の現場では進んでいます。
そのニーズに応えるため、弊社では無人フォークリフトを開発。既に道内の企業で導入されています。
今後も時代の変化に対応しながら、ニーズにあった商品を取り揃えていきます。

<家族に、そして子供に自慢できる仕事>
多様化する、お客様のニーズに応えるために、少しマニアックな用途の商品も取りそろえていることも当社の強みの1つ。
商品数は多いですが、その分日常で目にする機会も自然と多くなるはず。
休みの日にホームセンターに行ったときに、自分が販売した商品が倉庫で活躍している場面に遭遇すると嬉しいですよね。
いつかあなたが結婚して子供が出来たとき、子供に説明出来る仕事、子供に「これが父さんの会社の機械だよ」って自慢できる事。
この仕事・この業界にいて良かったと、社員から出てくる声の1つです。

<営業インタビュー> 佐藤係長 入社14年目 
私達営業部では、物流関係の企業様の元へ訪問し、商品の案内や物流の仕組み改善の提案を行っています。
「現在の物流システムをより効率的な仕組みに変えたい」「人が行っていた仕事を機械で代替したい」など、お客様によって、抱えている課題は異なります。
お客様の課題に寄り添った提案を行うためには、まずは商品をしっかり覚える事が大前提になってくると思います。
なので入社後は、先輩との同行研修はもちろんですが、定期的な社内勉強会やスキルアップ研修を行うことで、商品知識を得る時間を多く設けています。
こういった機会を通して、商品の特徴だけではなく、「どんなお客様に勧める商品か?」「どのような話し方で勧めるか?」という所まで、知識の定着をはかります。
物流業界では認知度の高い当社ですので、新規のお客様の元に訪問しても、すんなり話を聞いてくれる可能性が高いですね。

部署内には20〜40代まで年代バランス良く社員がいます。
年令が近い社員にはプライベートな悩み、経験を積んだ先輩には仕事の事など、なにかと相談がしやすい環境かと思っています。

<整備員インタビュー>
同業界からの中途転職入社1年目の横山です。
福利厚生がしっかりしている、有給がとりやすい環境、知名度のある会社が決め手で転職を決意しました。
実際に働いてみて、マニュアルがあったり、作業の工程がしっかり管理されていて働きやすさを改めて実感しています。
有給に関しても、上司も普通にとっていますので、とりずらさみたいなのは全く感じないですね。

知識や経験の無い方は、整備の流れや機械の種類や構造を覚える所からのスタートです。
新人研修がしっかりしていますし、分からないことは周りのスタッフに聞ける体制が整っていますので、
分からないことはあっても、一人で戸惑う事はないかと思います。
作業中は機械と向き合う場面が自然と多くなりますので、機械整備に少しでも興味のある方が日々の仕事が楽しくなるかもしれませんね。

整備は20代がまだ少ないのですが、営業と同じフロアなので事務所へ戻った時に会話したり、若手同士でフランクな雰囲気が良いですね。
整備に新しく若手が入ってきてくれたら私自身も嬉しいですし、自分なりのアドバイスは日々していきたいと思っています。

  • ピンポイントレポ
  • 会社見学OK
  • 既卒者OK