北海道で就職しよう!

2022年卒業予定の方は「ジョブキタ就活2022」へ

一鱗 共同水産(株)

水産仲卸業

  • ピンポイントレポ
  • 会社見学OK
  • 既卒者OK

水産業界の常識を変える

札幌近郊の市民の台所を支え続けて60年。 仲卸の在り方、水産業界を変えられるような取り組みをしていきます!

当社は昭和34年9月、札幌市中央卸売市場開設に備え設立。翌年4月の市場開設と同時に仲卸業務を開始しました。札幌市中央卸売市場に約30社ある水産仲卸業者の中でも規模はトップクラスで、全ての取扱品目に担当者がおり、顧客の細かなニーズに対応できるのが強みです。また、札幌中心部の某大手デパートのテナントに入っているほぼ全ての鮮魚店のメイン取引先でもあり、安定した販売量を維持しています。
会社についてはもちろんですが、学生の皆さんがおそらく気になるであろうライフスタイルの面ではズバリ、朝は早いが帰りも早い。だから、午後の時間を有効活用できるのが魅力の一つ。例えば当社にはサッカーのコーチをやっている人やボウリングのアマチュアもいます。休みに関しても日祝に加え月に2〜4回の市場休があるのでメリハリをつけて働くことができます。
待遇面では通常の手当とは別に毎月1万円分のクオカードを支給しており、使用用途は自由。市場内にコンビニが入っているので朝食代に充てる社員が多いですね。また、社員食堂があるのでお昼の心配はないですし、格安の社員寮もあります。そんな従業員想いの会社です。

採用担当の本間と申します。私の祖父が創業者で父は現社長。つまり、3代目後継者です。そんな私ですが、実は大学卒業後は2年間高校の教師をやっていました。会社を継げとは言われていなかったのですが、気付いたら祖父が当社を創業した25歳、父が入社した25歳と同じ25歳で入社していたので今年で6年目。実家が水産業をやっているのは知っていましたが入社前は市場のことは一切知りませんでした。なので、市場のことをよく知らない人の立場になっても話せると思っています。だから、遠慮せずにどんなことでも聞いてくださいね。
また、会社を変えたい、仲卸の在り方・水産業界を変えていきたいという思いは誰にも負けません。そのために、下記で紹介するような様々なプロジェクトを日々考えています。共同水産には自分という後継者がいるから会社の将来は安泰だ。そう思ってもらえるよう、とにかく毎日本気ですね。
そして採用にも去年から力を入れています。文字だけで魅力を伝えるのは難しいですが、下記で市場の簡単な仕組みと新しい取り組みについてご紹介します。個別会社見学会などの対応もさせていただくので、少しでも興味を持っていただけたら、ぜひ直接お話を聞きに来てくださいね。

札幌近郊230万人の市民の台所を守るため、札幌市中央卸売市場では早朝から約3,000人の関係者が働いています。全ての取引は市場開設者である札幌市によって管理されており、卸売業者、仲卸業者、買出人の3者が柱となって構成されています。取引の流れとしては、出荷者(漁師など)が卸売業者に商品を委託し、それを卸売業者は入荷量・消費動向などを踏まえた上で、仲卸業者や買出人に「セリ」や「相対売り」で販売します。私たち仲卸業者は仕入れた水産品を取引先のスーパーや小売店などに販売し、これらが皆さんの食卓に並びます。
以上が簡単な市場の仕組みです。皆さんに将来的にお任せするのは卸売業者からの仕入れと小売業者への販売。仕入れには予算の上限がなく、極端な話いくら買っても良い。当然仕入れた分は売る必要があるので責任を感じるかもしれませんが、20代そこそこで大きな相場を動かせるというのはやりがいになるはず。このセリに参加するために必要なセリ人の資格が取得できるのは3年後になるので、ほとんどの仲卸業者では新人は3年間仕分け業務がメインになります。しかし、当社では今年から新人の仕分け業務の割合を減らし、積極的にセリや営業の場に同席してもらいたいと思っています。

水産業界を変えていくといっても具体的に何をすれば良いのか。例えば、私たち仲卸業者が魚を食べてもらえる環境を作ることができたら面白いなと考えていたのですが、仲卸業者は一般消費者へ直接販売をすることができません。そこで、このアイディアを夜パフェ専門店・リゾット専門店などを展開する㈱GAKUさんの橋本社長に話してみたところ、「観光色がない地場の居酒屋を作りたかった」という目的と合致し、選魚職人とイタリア料理人の異色のコラボが実現。今年2月に「一鱗酒場」という海鮮バルがオープンしました。
また、美味しい魚を提供するというのはもちろんですが、今後の大きな目標である「共同水産のブランディング」への第一歩でもありました。今後は海鮮バルに続いて共同水産とコラボした商品開発もしていきたいと考えていますし、いずれは経営企画室という部署を立ち上げて、今回のような仲卸の枠にとらわれない新しいことを積極的に仕掛けていく予定です。新卒で入った若い皆さんにもぜひ、携わって欲しいと思っています。ですから、水産業界を変えるという大きなビジョンに共感してくれたり、新しいことに挑戦するということにワクワクしてくれるような方と一緒に働けると嬉しいですね。

  • ピンポイントレポ
  • 会社見学OK
  • 既卒者OK