2019/11/25[mon] update

私の選んだ職場【Regalo da Jfarm(レガーロ ダ ジェイファーム)】

私の選んだ職場【Regalo da Jfarm(レガーロ ダ ジェイファーム)】

苫小牧市郊外の住宅街でひときわ目を引くおしゃれな建物。東京の名だたる名店で腕を磨いたシェフ・森陽介さんが厨房を取り仕切るリストランテです。イタリアンの料理人として20年以上にわたって活躍してきた森さんにお話を伺いました。

すべての仕事に大切な役割があって、誰かがそれをしてくれるから、
ほかの人も自分の仕事ができるんですよ。

Regalo da Jfarm(レガーロ ダ ジェイファーム)
シェフ/森 陽介さん(41歳)
埼玉県出身。「リストランテ・ダ・フィオーレ」で修業した後、「ピッツェリア・アリエッタ」「リストランティーノ・ルベロ」のシェフを歴任した実力派ながら、気さくでユーモアたっぷりのお人柄。

いとこの店での経験がきっかけで料理の道へ

洗練された雰囲気ながらも居心地の良いリストランテのイメージそのままに、柔らかい笑顔とスタイリッシュな風貌、ユーモアたっぷりの話し方が印象的な森さん。2年前にこのお店に来る前は、東京の一等地の有名店でシェフとして腕を振るってきた実力派です。料理人を目指したきっかけは?
「高校時代は建築家かデザイナーになりたくて、大学受験目指してバリバリに塾通いもしていたんですよ。それが高3の夏にいとこがイタリアンの店をオープンしたので手伝いに行ったら、楽しいし格好いいし。自分も料理人になろうと決めました。考えてみれば、どちらも同じ世界でしょう。常に新しいことを考え創り出していく、終わりのない世界。進歩し続けていく世界ですから」
ご両親は驚いたものの「やりたいことがあるなら、それをやりなさい」と応援してくれたそう。森さんは料理の専門学校へと進学し、卒業後はNHKの料理番組で講師なども務めるイタリアンの名シェフ・眞中秀幸さんの下で修業を積んだそうです。あこがれだった料理の世界で、実際に働き始めたころの感想は?
「ひたすらサラダをちぎり続けることからスタートして、最初は楽しいというよりつらかったかな。でも工夫して仕事が早く終われば、次の新しい仕事がもらえるでしょう。努力すれば、それまでできなかったこともできるようになるし、1年経ったころにはどんどん仕事が楽しくなってきました」

自ら動き、変えていくことですべてがうまく回る好循環に

環境とは人が作るもの、というのが森さんのポリシー。環境が悪い、人間関係が悪いと文句ばかり言うよりも、自分が動くことで変えていけるはずだと話します。そういった考え方も眞中シェフから学んだのでしょうか?
「眞中さんからは、美術館に行って美しいものを見たり、洋服や小物もよいものを選んで目を養えということはよく言われましたね。それ以外にも『働いたらお金をもらえるのが当たり前』という考え方ではなく、自分の給料は自分で上げるものだということも教えられました」
美味しいものを作ってお客さんに喜んでもらうことで、リピーターや新しいお客さんが増え、売り上げもアップする。そうすればお給料も増えるし、人手も増やせ、結果として休みも増えるという好循環が起こることを眞中さんの背中を見ながら学んだそうです。
その後の森さんは「シェフとして、自分で考えて動きたい」と27歳で転職。東京の有名店のシェフとして店を取り仕切る立場になります。
「シェフになったからと言ってやりたいことがすべてできるわけではないし、していいわけでもない。スタッフの状況を見ながら、店がうまく回っていくようにベストの選択をすることが大切なのだと気付きました」

目指すのはスタッフ全員が笑顔で仕事ができること!

そんな森さんが苫小牧のこの店へと移ったのは、知人の紹介がきっかけ。本格的なイタリアンの店が少ない土地柄だからこそ、他店との差別化をあまり意識することなく、自分のやりたいことをストレートにできるのでは? と考えたのが決め手だったそうです。
こちらのお店でもシェフ兼店長として、調理スタッフ、ホールスタッフを取り仕切る森さん。仕事をする上で大切にしていることとは?
「普通の答えになってしまうけれど、みんなには笑顔で働いてほしいと思っています。スタッフが笑顔でいなければ、それは必ずお客さんに伝わってしまいますから。人には誰しも得意なこと、好きなことがあるはずで、それを伸ばすことも大切です。お客さんと話すのが好き、黙々と作業をするのが得意、肉をガンガン焼くのが好き。いろいろありますよね。得意分野を伸ばしながら、ほかの分野も底上げしていけたらって思います。すべての仕事に大切な役割があって、誰かがそれをしてくれるから、ほかの人も自分の仕事ができる。ゆっくりでもいいから一つひとつの仕事をしっかりできるようになっていってほしいですね」
目指すお店は、イタリアの「リストランテ」の本来の姿である「たまり場」。人が集まっておしゃべりをしながらおいしいものを食べて、体と心に栄養を補給する場なのだそう。スタッフの成長を自分のことのように喜び応援する森さんが育てていくリストランテ。これからがますます楽しみです。

働きやすさのポイント

無理なく高クオリティで働ける環境を整えています
仕事の質を保つためにも休憩はしっかり取り、無理な働き方はさせません。スタッフの状況によって閉店時間を早めることも。
スタッフの成長や独立を親身に支援します
できる仕事からスタートするため、未経験でも安心。頑張りには積極的に応援し、現在イタリアで修業中のスタッフもいます。
美味しすぎる賄いが食べられます!
賄いの料理も店で出す料理もクオリティは同じ。お客様に出す料理も全スタッフが必ず試食し、味を確認しています。

Regalo da Jfarm(レガーロ ダ ジェイファーム)

JR沼ノ端駅から徒歩3分。自社農園で育てた超高糖度のトマトやベビーリーフを使ったイタリアンと種類豊富なワインが楽しめる。ランチコース1,500円〜、ディナーコース4,000円〜
苫小牧市北栄町1丁目9-2
TEL.0144-84-3356
https://regalo-da-jfarm.com/
このページの先頭へ