2019/07/19[fri] update

農林漁業の仕事人file【農業/石川亮太郎さん】

お客様の「おいしい」が、
ダイレクトに受け取れる牧場です。

農業生産法人白老和牛王国 上村牧場株式会社
石川亮太郎さん

唐突な畜産業界への転身に、
家族が納得した理由。

ツヤツヤとした毛並みの黒毛和牛が、広い空間の中で悠々と過ごしています。ここは、白老町のウエムラ牧場。黒毛和牛の繁殖(子牛を産ませること)から育成(子牛を育てること)、肥育(牛を出荷できる状態まで育てること)、さらにレストランや加工品の展開までを一貫して手がけています。
牧場スタッフとして働く石川亮太郎さんは白老町のご出身。クルマに興味があったことから白老東高校の自動車科(当時)に進み、自動車整備士の資格を取りました。
「卒業後はガソリンスタンドに就職し、給油や車検の業務と外回りの営業職を兼任していました。人と接する仕事は好きでしたが、30歳の節目にふと新しいことに挑戦したいと思い立ったんです」
昨年、石川さんが見つけたのはウエムラ牧場の求人情報。それを目にした瞬間、チャレンジしたいという気持ちが湧き上がったと言います。
「僕は妻と子どももいるので、あまりに無謀な転職は許されません(笑)。幸い、ウエムラ牧場は会社形態として労働環境や福利厚生がしっかりと整っている印象。最終的には家族も納得してくれたんです」

子牛の出産は経営に響くことも
意識すべきシビアな仕事。

入社後は接客力を買われ、ほどなくレストランのホール係に配属が決まりました。
「お客様に喜んでいただく姿を直接見たり、地方の催事で商品が売り切れるところを目の当たりにしたり、いかにウエムラ牧場の黒毛和牛が愛されているか肌で感じられました」
ところが、半年ほどが経ったころ、石川さんのチャレンジ意欲が爆発。マネージャーに牧場の仕事に携わりたいことを打ち明けたそうです。
「冗談交じりに『牧場に行っちゃうの?』とはいわれましたが、僕のワガママを快く受け入れてくれました。その柔軟な社風に感謝の一言です」
石川さんが最初に担当したのは、お産を控えた母牛の面倒を見る分娩牛舎。まずは先輩方から牛の基本的な扱い方や体調管理の方法、何より自分がケガをしない作業の進め方をしっかりと学びました。
「例えば、一口に餌やりといっても工夫が必要。気の弱い牛のそばにご飯を置き、気の強いヤツに独り占めさせないといった配慮も必要なんです。そんな特徴をつかむのも一苦労でした」
出産時には獣医の補助役に。無事に生まれるかどうか緊張の連続です。
「難産の場合は子牛を引っ張ることもあり、祈るような気持ちになります。ウエムラ牧場では年間で一頭の母牛から一頭の子牛を生むのが目標。事故があっては経営に響くことも意識しなければなりません」

日々のルーティンの中に、
変化を見つける観察力が大切。

石川さんは分娩牛舎を3カ月ほど経験し、現在は子牛のお世話をする育成牛舎を担当。ここでの仕事は、肥育に向けてしっかりと餌を食べられる丈夫な胃をつくることです。
「牛は一頭一頭の性格も違えば、個体差もあります。餌やりのタイミングを変えるなど、どうやったらたくさん食べてくれるのか試行錯誤する毎日です」
日によって去勢や除角といったイレギュラーな作業が入るものの、仕事は基本的に同じことの繰り返しだとか。ところが…。
「そのルーティンの中で変化を見つけることが大切。いつもよりソワソワしていたら病気を疑ったり、時には牛に触れて傷がないか確認したり、観察を絶やさずにいち早く異変を察知することがいい牛づくりに直結します」
これほど愛情を注ぎ、手塩にかけて育てた牛も、やがては出荷されます。悲しみを抱えることはないのでしょうか。
「う〜ん…ないというとウソになります。だけど、それが畜産に携わる僕らの、そして牛たちの使命。ウチにはレストランもあるので、育んだ命をいただいてもらい、おいしいという声が現場に直接届くのが何よりのやりがいです」
最後に質問。畜産農家に転職したことを、今家族はどう捉えていますか?
「ウチは7時〜17時の勤務時間で4週6休。動物相手の仕事でこれほど労働環境が整っているのは、スタッフの人数が十分なことに加え、役割分担や牧草栽培の外注といった効率化も図っているから。以前に比べて子どもと過ごす時間も増え、妻も喜んでいます」
石川さんは畜産の現場に携わってからわずか半年。この先、一人前になるには多くの苦難が立ちはだかるはずです。けれど、飛び切りの笑顔で働く姿を見ていると、絶対に乗り越えられるだろうという予感を抱かせてくれました。
牛とふれ合い、体調を確認しながら餌やり中。愛らしい姿に、石川さんの頬も思わず緩みます。
藁の束や重い資材は重機で運べるため、力仕事はそれほど多くないのだとか。牧場内では安全が最優先。
広々として牧場内でストレスなく過ごす黒毛和牛。夏場は敷地内のさらに自然たっぷりの丘に放牧しています。
ベテランの畜産スタッフと雑談中。現場は5人の従業員で管理しており、1日3〜4人が出勤しています。
ウエムラ牧場の黒毛和牛を使ったステーキやハンバーグ、白老のご当地グルメ「白老バーガー」が楽しめるファームレストラン。
「しらおい和牛工房(直売所)」では、自社加工品のステーキハンバーグやハンバーグカレーなどを購入できます。

農業生産法人白老和牛王国 上村牧場株式会社

繁殖から育成、肥育までを行う北海道では数少ない黒毛和牛の一貫生産農家。上村和牛は脂のさらりとした甘味に加え、赤身の深い旨味を楽しめるのが特徴。「生産から製品まで、牧場内ですべて手がける生産者だからこそ、表現できる美味しさがある」をモットーに、記憶に残る味を紡いでいます。
北海道白老郡白老町字石山109-20
TEL.0144-83-4929
http://wagyu-oukoku.com/
農林漁業の仕事人file
このページの先頭へ