2019/03/11[mon] update

農林漁業の仕事人file【林業/五十嵐ちあきさん】

成長・成果が目に見えてやりがいが大きい。
重機の中も意外と快適です!

鶴居村森林組合 森林整備係
五十嵐ちあきさん

「私も重機に乗ってみたい!」と自ら志願。

鶴居村森林組合の作業場を訪ねると、林業用の重機を乗りこなし、大きな木を持ち上げて巧みに切り落としていく一人の小柄で可愛らしい女性がいました。組合の職員として働いて4年目になる、五十嵐ちあきさんです。
五十嵐さんは、鶴居村の隣の釧路市阿寒町の出身。高校卒業時に、知人から林業の会社の仕事を紹介され、「面白そう!」と入社を決めたと言います。女性としてはちょっと変わっている…!?と思う人もいるかもしれませんが、どうやらルーツは五十嵐さんの実家にあるよう。
「実家が農家で、小さい頃から父が私をトラクターに一緒に乗せてくれたんです。パパっ子だった私はそれが楽しくて。それで他の女の子とは違う方向に行ってしまったのかも(笑)」
入社後しばらくは、下草刈りや苗の植え付け、チェーンソーで木材を切る作業をしていましたが、ある時「私もユンボに乗ってみたい!」と社長に直訴し、重機も扱うように。
徐々にいろいろな仕事ができるようになりましたが、体調の問題などでその会社を退職。程なくして、鶴居村森林組合からお誘いを受けました。
「林業の仕事は慣れているし、森林組合なら週休2日でしっかりと体を回復させることもできる。心機一転、ここで働こうと思いました」

最初は怖かった作業も、経験を積み習得。

農業協同組合や漁業協同組合なら、組合員である生産者の販売や生産活動をサポートするイメージですが、森林組合の場合は、造林や保育、間伐などの作業を森林の所有者に成り代わって行う組合も少なくありません。鶴居村森林組合も、2011年から直営の森林整備部門を持ち、森林の管理や山づくりにあたっています。
五十嵐さんの仕事は、山に入り集められた木材を玉切り(切られた木を規定の寸法に切断すること)したり、巻き立て(玉切りした丸太を積み上げること)したりと、大きな重機を使うダイナミックな仕事です。山から下りると、作業場で薪やおが粉を作る作業も行います。
「重機での作業は最初は怖いと思うこともありましたが、慣れるとできるようになります。車内は冷暖房も完備で意外と快適なんですよ。1人で作業することが多いので、たまに大きな声で歌を歌ったりもします(笑)」
ガテン系でハードな仕事かと思いきや、機械の操作に慣れてしまえば女性でも十分こなせる仕事だといいます。五十嵐さんが着ている作業服は、チェーンソーなどの刃物に巻き込まれたら繊維が刃に絡んで体を守る林業用の特殊なウエアで、組合から支給されています。安全にも配慮し、集中して作業ができる環境になっています。

成果が目に見え、達成感もひとしお!

この仕事で喜びを感じる瞬間を聞いてみると、「現場では木がどんどん切られ、積み上がっていく様子が目に見え、最後は『あぁ、終わったー!』と達成感がありますね」
確かに、目の前に広がる成果物が大きい分、やりがいも強く感じられそうです。
「それと、できなかった作業ができるようになり、少しずつ自分が成長している手ごたえが感じられるのも、この仕事の醍醐味です。職場のメンバーは全員男性ですが、皆さん優しいですよ」
もちろん、重い材木を持ち上げる時など、男性より力が弱いのでハンデを感じることもあると言いますが、「負けず嫌いなので、同じようにやりたくてつい張り合ってしまいます(笑)」と、意外な一面ものぞかせます。
上司である門間孝厳参事も、「鶴居村森林組合では、木材を採るための作業ではなく、残す木を育て山を作るための作業を行っています。五十嵐さんは、そこを理解して現場をきれいな状態に保つよう細かく配慮して作業をしてくれます」と信頼を寄せています。
経験約12年となる五十嵐さんですが、「まだ先輩たちより作業は遅いし、こうしたらよかったと反省することもあります。考えるより見た方が早いので、他の人が作業しているところを見て、『こうやってやればよかったんだ』と参考にしたりしています」と、仕事への情熱を持ち続けています。
「危険と隣り合わせではあるけれど、山の中は空気がきれいで本当に気持ちいいですし、仕事は楽しいです。やる気と元気さえあれば、女性でも活躍できますよ!」と後に続く林業女子にアドバイスを送ってくれました。
鶴居村中心部に程近い場所に鶴居村森林組合がある。
林業現場には欠かせない「グラップル」を操作する五十嵐さん。
ハードに思える職場環境だが、実は冷暖房完備の快適さ。
現在の仕事に誘ってくれた門間さんと業務の打ち合わせ。
整然と木材が積まれ、業務が効率的に行われていることが分かる。
事務所で話すと、あれほどの重機を操縦しているとは思えない華奢な五十嵐さん。

鶴居村森林組合

村の面積の約6割を占める森林の管理や木材・おが粉の出荷を行う。未来の木材生産を見越した人工林の造成や釧路湿原の自然保護の観点に立ち、地域産業として林業再生を図るべく欧州からも技術を学ぶ。
北海道阿寒郡鶴居村字雪裡原野北15線西9番8
TEL.0154-64-2422
農林漁業の仕事人file
このページの先頭へ