2017/09/11[mon] update

農林漁業の仕事人file【漁業/小坂善一さん】

新規参入を歓迎している地域なら
漁業の可能性はさらに広がると思う。

利尻町 漁師/株式会社膳代表
小坂善一さん

両親の不慮の事故をきっかけに漁師の道へ。

蒼く青い日本海と、秀峰利尻富士に抱かれた利尻島。この美しい離島で四季の沿岸漁業に取り組んでいるのが小坂善一さん。
「出身はこの島。父が組合員の漁師でしたが、幼い時分から漁業に就く気はありませんでした」
大学は札幌。卒業後は経済学部で学んだノウハウを活かすべく証券会社に就職しました。順風満帆なサラリーマン生活。そんな日々が三年半ほど続いたある日、思いもよらない訃報が届きます。
「両親が交通事故で亡くなってしまったんです。本当に突然のことでした」
悲嘆に暮れながら済ませた葬儀や諸々の必要事。それらが終わってまもなく小坂さんが直面したのは、小坂家の家業を絶えさせていいのかという現実問題。
「漁師を継がないと漁業権を失うことになり、それは利尻の実家を無くしてしまうことも意味します。心底迷いましたが、やはりここは自分がやるしかないと」
大都会から故郷の利尻島へ。経済活動の最前線から自然と共存する産業へ。大きな決断を下したのは、今から15年ほど前。小坂さんが26歳のときでした。

例えるならオンとオフの境目がない仕事。

小坂家が営んでいた漁業は、養殖のコンブ漁のほか、ウニ漁、ナマコ漁、カニやホッケの刺し網漁など。
「他の漁船や事業主との共同作業ではなく、従業員やパートさんを雇用しながら漁業に取り組む、家族経営の個人事業です」
知識も経験もゼロからのスタートのため、当初は苦労もしましたが、組合の指導や持ち前の負けん気や若さを糧に、漁の腕前はメキメキとアップ。漁師生活一年が過ぎた頃には、ベテランと肩を並べるほどに成長します。
「それより苦労したのは、不規則な時間感覚。夜中に出港したり、朝早く陸に戻ったり、最盛期は休みが無かったり、時化続きで長期休みになったり。会社員はオンとオフがはっきりしてるけれど、漁業はその境目がずっと曖昧なままなんです。そこに慣れるのに5年位かかりました」

獲っただけ稼げる、戦略で夢を掴めるから。

その一方小坂さんは、獲ったら獲っただけ、頑張れば頑張った分だけ実入りになる、という漁業のリアルさに心を奪われます。
「超わかりやすい競争社会ですね。ただ利尻はウニ・コンブ漁が代表的ですが、その報酬だけでは有り難みが少ない。通年漁業を確立するための漁のスケジュールを組み立てたり、そのための設備や人材を確保したり。さらに水産加工を手掛けるなど自分で戦略を練れば仕事はどんどん生まれてきます」
悠久の時代から営まれていた産業だけに、現代のビジネス感覚を活かす場は無限にあるというのが小坂さんの考え。つい最近も加工企業を設立し、利尻ブランドと自社ブランドを融合させた商品提供をスタートさせました。またマッチングフェアで知り合った若者の雇用や独立支援にも尽力しているとか。
「自然の中で働けるだけでなく、挑戦のチャンスが多々あるのも漁業の魅力だと思います。特に利尻や礼文のように新規参入者(組合員)を歓迎している地域ならなおさらです」
だからこそ大切なのは、地域ごとに違う漁業のあり方をしっかり調べたり話を聞いたりすること。
「その部分にじっくり時間をかけると、将来が変わってくると思いますよ」
農林漁業の仕事人file
このページの先頭へ